カテゴリー別アーカイブ: 金利

カードローンやキャッシングの金利についてまとめ

大抵のカードローンは、金利の範囲が書かれています。

これは、限度額毎に金利が異なるため金利が〇〇%~〇〇%とされているためです。

金利が相対的に低いのはやはり銀行のカードローンです。

限度額が少ないほど金利が高く、限度額か多いほど金利が低くなっています。

予め貸出限度額で金利が申込前から決まっているカードローンが多いですが、中には審査によって金利が決まるまで分からないというものもあります。

極度型のカードローンの場合は一般的には変動金利ですから、ずっとそのままで金利が変わらないわけではありません。

カードローンの最高限度額は500万円~1000万円という範囲が一般的です。

銀行のカードローンの場合800万円や1000万円の所もありますが、ノンバンクのほとんどは500万円です。

限度額が大きいほど金利が低く設定されていますので、だったら限度額が大きいのに申し込んだ方が得だと考えますが。

一般的な年収の人がいきなり、500万円や800万円の限度額で申込をしても簡単には審査に通らないでしょう。

限度額が大きいほど金利が低いというのは、それだけ返済能力が高く、貸し出すリスクが少ないと判断した人に利用してもらうための設定です。

大抵の場合最初は最低額の50万円とか100万円の限度額からのスタートになります。

返済実績を重ねて信用を得ることで、限度額の増額ができるようになっていくのが普通です。

一つの企業で高額借入すると金利が安くなる

お金を借入れする人は、借入額を少額で何社からも借入する人が居ます。これは、1番初めにカードローンを申し込んだ人は少額しか貸さないから、これだけしか借りれないのかと思いがちなのです。

本当はもっと借りれるのに、少額を借りて、足らないからと、他社へ借入してしまうのです。こんな風に他社に借入している状態を何件も抱えると、高い金利で利息が高くついている状態になっています。

金利は少額借入には、高い金利で設定され、高額借入には安い金利で設定されるものです。だから少額を何軒も借入せずに、一つの企業で高額借入するようにした方が金利が安くなるでしょう。

金利は、利息を出す為のもので、金利が安いと利息が安くなるものです。だから、何件も借りたりせずに、一つのカードローン企業で、追加融資や、増額願いを出して、借入額を増やして行く事をお薦めします。

もしくは、元々企業が設定している金利が安いところを見つけたのなら、借り替えても良いと思います。

利息は余計な出費となりますので、借金を持っている間は永遠に支払わないといけないものなので、できるだけ安くする方が良いと思います。

一つの企業で、高額借入をして、金利を安くすると、利息の負担も少なくなりますので、今、手元に借金を抱えている人は、見直しをしてみるのも得策でしょう。