マイナンバー制度がスタートした

マイナンバー制度がいよいよ始まって個人情報がますますIT化されることになりました。これによって政府としてはいろいろと時間のかかる作業を効率よく扱うことができるようになりメリットが大きいようですが、同時にその利用はこれから拡大していくという流れになっていくようです。こうしたIT化は反対ではありませんが、不安なのは個人情報が流出するということであり、その懸念に対するものがあります。アメリカでも中国からのハッカーによって政府機関の重要な情報が盗み取られるという事件は起きていて、それは日本でも例外ではなくなってきています。情報化社会になったことで新たなテロ、サイバーテロという言葉が多く聞かれるようになってきています。

絶対に安心というセキュリティはなく、ネット銀行などを利用していても大丈夫だろうか、盗まれることはないのだろうかという不安はないわけではありません。電子化することでお役所仕事は楽になり、それが経費の節減にはなるとは思いますが一方でそのようになればなるほどリスクが増大するというのはあまり喜ばしいことではなく、どうしても不安な気持ちはなくならないというのが率直な気持ちです。マイナンバーによってますます国が個人に介入しやすくなるように思います。銀行カードローンの審査に通るには?3つの審査基準!