迷ったものは徹底して買わないこと

わたしはお金に困るとものを買いません。食べ物は買いますが本当にないと困るものだけを買います。それ以外でちょっとでも迷ったものは一切買いません。

安くても売り出しでも買いません。「迷う」ということは「自分に必要ないんだ」と考えているからです。迷わないものはすぐに買います。「迷わない」ということは「自分に今必要なもの」です。一切の迷いがないものはすぐに買います。

ムダな買い物をしなくなれば自然にお金は残っていきます。それを続ければ金欠から脱出することができるのです。だから金欠から脱出するまでの間、迷ったものは買わないことを徹底させています。

これを徹底させると買い物に行って使うお金が極端に減ります。迷ったものを買い物カゴに入れないだけでこんなに使うお金が減るのか!とびっくりします。だけどこれが正解です。

買おうかどうしようか一瞬でも迷ったものは、買って帰っても冷蔵庫の中で傷ませてしまうことが多かったのです。たまに腐らせてしまったり、味が落ちるまで冷蔵保存してしまって食べるときにおいしくなくなっていたり・・・。いろんな失敗を経験しました。

だからこそ分かります。お金がないときはちょっとでも迷ったものは買わないことです。消費者金融 審査 在籍確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です