本当に独裁者による弾圧であるならば

現在の安部政権の進める法案や政策、とりわけ安全保障や防衛について

批判的なメディアや著名人は「右傾化」「軍国主義」「独裁者」「言論弾圧」と言った

言葉を使用し攻撃の勢いを強めています。

まあ今まで左に寄り過ぎていた国が真ん中に戻ろうと言う動きは右傾化と言えなくもありませんし、

必要とは言え防衛力の増強に不安を感じ、軍国主義とか言ってしまうのも何となく理解はできます。

しかし独裁だー弾圧だーと言ってしまうのはどうなんでしょうか。

少なくと自民党による国会運営は、民主主義のステップから外れたものではありません。

一方、面白くない法案を審議拒否して国会議員としての給料だけバッチリ貰っておいて

「議論が十分でない!横暴だ!独裁だ!」と言う野党を擁護するのは私には難しいですし

それを言うなら民主党政権時代に乱発された強行採決の数々は何なのか、

今の安部自民は叩いても当時民主党を叩かなかったマスコミは何なのかと言う話でもあります。

後は、言論弾圧とやらについてですか。

今の日本がもし本当に独裁政権による言論弾圧が敷かれた社会であったならば、

政権批判なんかやった人間は中国のように粛清の嵐で行方不明になるのではないでしょうか?

暢気に政権批判出来ていると言う事実から、現実を逆算してほしい所です。キャッシング主婦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です