安保法案の説明が抽象的だと感じます

安保法案は、実際どのようなものなのか?首相は繰り返し国会で説明していますが、実態が分かりません。そうしたことも、「戦争法案」という括り方をされる一因になっていると感じます。

私は、「戦争法案」という命名は、好みません。積極的に戦争をしようという法案でないことは分かるからです。また、日本周辺の安全保障に関する状況が厳しさを増しているのも感じます。「戦争反対」と唱えるだけで平和だとも思いません。

安保法案に反対している人たちに、全体主義的な言動を感じることさえあります。戦争を推進した世論と、構造自体は同じではないかと思うこともあります。

しかし、安保法案に賛成する気にもなれません。実態が不透明だからです。首相の周辺議員自体、法案の詳細を本当に理解しているのかが危ぶまれる発言が繰り返され、そのことが、一層事態を混乱させています。

後方支援がどういう場合に、どのような手続きで容認されるのか?今までの対処法では、どこに不都合があるのか?といった議論が冷静になされているとは、感じられません。野党の追及も情緒的だったり、揚げ足取り的だったりして、国会中継を聞いていても、よく分かりません。

それに、採決の際にどうして退出するのか?理解に苦しみます。たしか、出席議員が母数で計算されるのではなかったでしょうか。どうして出席して反対票を投じないのか、全く分かりません。

数で押し切られるという採決方法が強烈に印象づけられて、その決め方に大きな不安を感じます。カードローン審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です