バンクイックはスピードと利便性がある

借り換えは、現在の借り入れを金利が低い商品に切り換える事で、返済の負担を軽くするために行います。

同じ金額であれば、金利が低い方が加算される利息が少ない分、返済総額も少なくなります。

すでにローンを利用している方ですが、そのローンについてそのままにしておくことはありません。

他に良いローンがありましたら、借り換えを積極的に検討すべきです。何も考えずに返済し続けるよりも、有利な条件を探ってしっかりとお得な返済の道を探るべきだと指摘させていただきます。

しかし、ローンの借り換えには審査がありますので、注意をして対応してください。

銀行の借り換えローンという事になりますので、注意していただきたいのが審査の厳しさです。特に注目されるのが、雇用形態です。

・正社員

・契約社員

・派遣社員

・パート・アルバイト

以上のような雇用形態があるわけですが、大きなローンを借り換える場合は正社員でなければ難しくなっています。

一方で、非正規雇用の場合は、金額によっては断られてしまう可能性が高くなります。銀行では利息が低いなどの特典もありますので、審査は厳しくなると把握していただけばと思います。

さらに職業についても判断されることがあります。簡単に言ってしまえば、安定性のある職業と判断されると審査は突破しやすくなります。

不安定な職業と判定されてしまうと、審査は突破しにくくなることもあるので注意してください。

銀行の借り換えローンと審査

「金利が高くて毎月の返済が厳しい。」

「金利の低いローンに借り換えて総返済額を減らしたい。」

「毎月の返済日を月一回にまとめたい。」

このようなお悩みを抱いている方、必見です。

借り換えは、現在の借り入れを金利が低い商品に切り換える事で、返済の負担を軽くするために行います。

同じ金額であれば、金利が低い方が加算される利息が少ない分、返済総額も少なくなります。

すでにローンを利用している方ですが、そのローンについてそのままにしておくことはありません。

他に良いローンがありましたら、借り換えを積極的に検討すべきです。何も考えずに返済し続けるよりも、有利な条件を探ってしっかりとお得な返済の道を探るべきだと指摘させていただきます。

しかし、ローンの借り換えには審査がありますので、注意をして対応してください。

銀行の借り換えローンという事になりますので、注意していただきたいのが審査の厳しさです。特に注目されるのが、雇用形態です。

・正社員

・契約社員

・派遣社員

・パート・アルバイト

以上のような雇用形態があるわけですが、大きなローンを借り換える場合は正社員でなければ難しくなっています。

一方で、非正規雇用の場合は、金額によっては断られてしまう可能性が高くなります。銀行では利息が低いなどの特典もありますので、審査は厳しくなると把握していただけばと思います。

さらに職業についても判断されることがあります。簡単に言ってしまえば、安定性のある職業と判断されると審査は突破しやすくなります。

不安定な職業と判定されてしまうと、審査は突破しにくくなることもあるので注意しましょう。

銀行カードローンの借り換えローンでは、借り手にとって有利な条件に変更する事を前提とした商品であり、総量規制の対象からは外れています。このために、年収の3分の1以上の金額の借り入れも可能です。

なかには、金利が低く設定されている銀行カードローンを借り換えローンとして利用するという方法もあります。

銀行カードローンは、総量規制の対象ではないので、年収の3分の1までに制限される事もありません。事業性資金以外であれば自由に使用できるので、借り入れ金の一本化も可能になっています。

借り換えローンを利用することにより、総返済額を大幅に減らすことができますので、少しでも金利が気になる方は是非、借り換えローンを活用してみてください。

おすすめの借り換え・おまとめローンはこちらです。

三菱東京UFJ銀行カードローンです。

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは、金利4.6%~14.6%が設定されています。

消費者金融の個人向けキャッシングよりもかなり低い数字であり、借り換えを行う事により返済の負担は軽くなります。

バンクイックの魅力は、銀行カードローンでありながら消費者金融並みのスピードと利便性が実現されている事です。テレビ窓口からの申込みであれば、審査と契約を同時に完了させられるので、最短40分でお金を借りる事が出来ます。

希望額が100万円未満であれば、収入証明書の提出は不要であり、準備に時間を取られるという事もありません。銀行やコンビニエンスストアーのATMでの手数料は無料です。

住信SBIネット銀行カードローンも非常に優秀な商品内容であり、借り換え目的での利用も認められています。金利は、年1.99%~7.99%で、利用限度額は最高で1000万円です。

7.99%は、10万円以上100万円以下の場合の金利であり、消費者金融の個人向けキャッシングの貸付金利の半分未満です。このように、極めて低い金利が設定されているので、審査の難易度はやや高くなります。

このために、この商品は多額の借入がある場合は、利用できない可能性が高くなります。

既に、総量規制の限度に達している様な状態から申込みを行っても審査に通過するのは非常に困難です。少額の借入がある場合の利用に有効であり、早い段階での申込みが効果的な内容の商品です。

バンクイックや住信SBIネット銀行カードローンは、借り換えも行えるという内容の商品であり、一本化を目的としたものではありません。

金利が低いという事から返済の負担を軽く出来るというだけです。これに対して、東京スター銀行のおまとめローンは、借入の一本化を目的としています。

金利は、年5.8%~14.8%で、バンクイックや住信SBIネット銀行カードローンよりもやや高くなっています。

これは、審査の難易度が低いという事と関係しており、ある程度柔軟な対応を期待できます。つまり、個人向けキャッシングから多額の借入がある様な場合でも利用できる可能性があるという事です。

借り換え・おまとめローンのおすすめは、現在利用しているカードローンの金利が、やや高く感じる金融業者から借り入れしていたり、複数の金融業者から借り入れしていて、返済・金利が厳しいとき、借り換えやおまとめをおすすめ致します。

金利が高いと感じる金融業者から金利の低い金融業者に借り換えをおこなうだけで、金利の負担がグンッと軽くなる可能性が多いにありますので、検討してみてくださいね。

また、カードローンでおまとめ(1本化)をすれば、月に複数あった返済回数が一回になりますし、金利が低くなればトータルの返済額も軽減し、毎月の返済額が少なくなります。

返済計画もたてやすくなるというメリットもありますし、カードローンのおまとめは特におすすめです。

RETURN TOP